理事・スタッフ紹介

Our Staff

代表理事
井上 温子

大東文化大学の学生時代にゼミ活動で高島平の活性化プロジェクトに関わる。卒業後は、大学職員として、コミュニティカフェ運営や学生団地入居プロジェクトを担当。同時に、社会起業家についての勉強会を主宰し、ドリームタウンを設立。共生型の居場所の可能性に魅せられ、2017年4月 立教大学21世紀社会デザイン研究科に入学。修士論文で、地域共生社会において要となる共生型の居場所の効果と可能性について研究(2019年3月卒業)。「共生型の居場所+リンクワーカー」を広げ、まち全体がサービス付き多世代型住宅になることにより、だれもが孤立することなく暮らしやすい地域づくりを目指す。

<講演テーマ>
住民主体による地域・居場所づくり、地域共生社会、居場所の福祉的効果

理事
中川 有希子

赤塚公園どんぐりたんけんたい代表、ママカフェシナモン運営メンバー。2011年結婚を機に板橋区に暮らし始める。地縁が全くない場所で地域とのつながりを持ちたいと思いドリームタウンの活動に参加。代表の井上と共に地域リビングプラスワンの開設に向けて本格的に活動に参加。開設当初よりコーディネーターとして地域リビングの運営業務に携わる。2014年よりドリームタウン理事に就任。2015年4月から2017年末まで夫の転勤で島根県海士町に暮らし、まちづくりへの関心がさらに深まる。また、子どもが森のようちえんに通い始めたことから幼児期の外遊び活動にも関心をもつ。転勤終了後に再び仲間のいる高島平に戻り、コーディネーターとして地域リビングの運営業務に携わる。同時に、都会でも身近な自然の中で森のようちえん的な外遊び活動をする仲間を見つけようと2018年に「赤塚公園どんぐりたんけんたい」を立ち上げ、週一回の外遊び活動を主宰。2児の母。子どもは二人とも赤ちゃんの頃から地域リビングで仕事をする母と一緒に出勤しているため、あまり人見知りもせず利用者さんたちに遊んでいただいている。子どもたちにとっては地域リビングが生活の一部、第二の家となっている。

<担当している仕事>
地域リビングコーディネーター。
助成金等の事務、ボランティアサポート、英会話教室の運営サポート、視察・見学対応など

理事
酒井 広美

ママカフェシナモン代表。2005年 武蔵野市のコミュニティースペース「花時計」にボランティアとして参加。地域のお母さんが活躍している姿を見て感動したことが活動の原点となる。2011年に板橋区へ転居。コミュニティカフェグリーンで井上と出会い、地域リビングプラスワンの立ち上げに携わる。2013年より地域リビングで子育てママ支援のために月1回ママカフェシナモンを開催。2015年よりドリームタウン理事に就任。
同時期、フューチャーセッション(未来志向の対話の場)に興味を持ち、ファシリテーター研修を受講し、地域で実践を続けている。

<担当している仕事>
地域リビングコーディネーター、イベントやセミナーの企画運営、対話を通じたまちづくり

<講演テーマや得意分野など>
・フューチャーセッションなど、対話の場づくりとファシリテーション
(対応可能なテーマ【居場所づくり】【子育て】など)
・乳幼児ママ同士がつながる「ママカフェ シナモン」企画・運営・他団体の開催支援

理事
黒須 大樹

大学卒業後、出版取次会社、NPO法人勤務を経て、現在全国の中小企業支援を行う経済団体に勤務。主に個人事業主を中心とした小規模事業者に対する支援を得意とする。2017年より、立教大学21世紀社会デザイン研究科にて、人口減少の進む地方圏を対象とした地域経済のメカニズムについて研究を行う。研究を通じて、地域における福祉と経済の接点に可能性を感じ、地域リビングに合流。高島平地域発の地域間交流や、地域内経済循環を通じた福祉サービスの持続的な提供などを模索中。

理事
久田 夏実

ママカフェシナモン副代表。
2012年より板橋区に在住。
2014年、出産を機に前職を退職し、地域へ出掛けるようになり地域リビングと出会う。
子連れでランチをしたり、英会話教室に通ったり、利用者として関わっていくうち、地域を自分たちの力で良くしていくことに面白さとやりがいを感じ、運営に携わり始める。2018年理事に就任。

<担当している仕事>
地域リビングコーディネーター、通所型サービスB、ボランティアの調整など

事務局長
中村 四季

大学時より「ふだんの、くらしの、しあわせ」をテーマにした地域福祉に興味を持つ。
大学卒業後は地元三重県の病院で地域医療連携担当として、病院と地域の診療所を繋ぐ業務に携わる。
その後、社会福祉協議会(鈴鹿市・川崎市)に転職し、福祉相談窓口や生活困窮者の生活福祉資金貸付・日常生活自立支援事業(権利擁護事業)等を担当。
退職後2016年より板橋区に転居。身近な地域にコミュニティカフェ「地域リビングプラスワン」がある事を知り、当時1歳の子どもと一緒に利用を始める。
代表の井上と出会い、運営に関わり始める。

<担当している仕事>
事務全般、地域リビングコーディネーター、広報、講演発表など。